中年太りがサイズダウンを加速させる

年齢を重ねる事に身体の機能は衰えるものです。
それは性機能に対しても同じ事が言えるでしょう。これは仕方ないことですね。
女性も閉経期を迎えるものですが、男性も性欲が減退する他、勃起維持をする事が困難になってしまう事が普通です。

 

しかし精力というと、まさに男性の象徴でもありますからね。
これが損なわれる事によって自信を無くしてしまい、奥さんとの行為が困難になって虚無感を感じてしまうなんて事もあるものです。
また損なわれるのは精力だけではなく、ペニスのサイズがダウンしてしまうなんて事も……この主な原因としては、肥満によって脂肪に圧迫されて男性器が埋もれてしまう事もあります。
実質的にペニスの大きさは変わっていないそうですが、それでも肥満で脂肪が腹回りについてしまう事によってペニスが埋もれ小さく見えてしまいます。

 

また、勃起する機会が減っていく事によってサイズダウンしてしまう事もあります。
筋肉は使わなければ落ちてしまうとよく言うものですが、ペニスもこれに近しい事が言えるでしょう。男性器も勃起しなければ、竿や亀頭周辺の細やかな血管が衰えてしまう他、勃起時の血を巡らせるスポンジとなる海綿体の機能が衰えてしくので、これによって充分に勃起が出来なくなる他サイズダウンを起こします。

 

この減退は早ければ30代で起こります。
平均して40代50代男性となるとまさにこの時期に当たるでしょう。
このような、”加齢でペニスが小さくなった”なんて場合、これは食い止める事が出来るのでしょうか?

 

血流をよくすることで、サイズは復活できる

早速、結論を言いましょう。これは食い止める事は出来ます。
原因の前者においては、実質サイズダウンをしていないので腹回りの脂肪を落とすシェイプアップを行う事によって、早急な回避が出来るでしょう。

 

しかし、後者の場合は難しいように感じてしまうものですよね? しかしこれも何も難しい事ではありません。
原因を掘り下げていくと分かるように、勃起維持・ペニスのサイズの増大については血流がとても重要なポイントとなります。

 

つまりは、”よどみの無い血流”がペニスサイズアップに必要不可欠と言えます。
その為には血液の質を高める健康的な食生活や普段の生活に注意を払う事も重要です。

 

また、定期的に自慰を行うなど勃起をさせて自分の男性器を錆びさせないようにするといった配慮も大事です。
やはり加齢の伴う問題なので、今すぐに解決出来てしまう問題でもありません。
早めに対策を取って、加齢を遅らせるといった風に向かい合うべきだと言えますね。