性欲がない妻を前に、夫はどうする?

女性には子供を宿す為に生理があります。始まりの初潮は大凡11歳〜12歳程。閉経期は平均して40代後半〜50代程です。
あくまでこれは平均なので早い・遅いは個人差のあるものですが、40代前半期で生理があがってしまう人だって居るものです。
こういった加齢の伴う性機能の衰えがあるならば、もう性欲が無くなったとしても仕方の無いものです。

 

無論、”全くセックスが出来ない”というワケで無いそうで閉経期後もセックスをする女性も居るものですが、それでも以前のような性的快楽を覚える事も無く、不感症に近しい状態になる事もあります。
また、こういった性機能の衰退だけではなく性欲の原因は他にも色々と考えられる原因があります。
例えば、不感症の最大原因と言われているものと言えば極度の緊張状態や精神的な不安定が考えられます。

 

妻に性欲がなくなった……なんて場合、夫は何か不安事は無いか? など親身になって相談に乗ってあげる事だって大事です。
これに関しては、鬱病などの精神疾患と同じです。こういったストレスを吐き出さない人、愚痴を漏らす事もなく全て溜め込む人ほど危険信号です。

 

精神的な不安定が性欲減退をもたらす場合も

よく精神疾患を患っている人は男女問わずに性欲が無くなる……なんて事を聞きますが、正直精神疾患が先か性欲減退が先か分かりません。
リラックスして話をしやすい環境を作ってあげる事も大事ではないでしょうか。

 

また、性に対する認識は女性と男性では大きく違うものですからね。
男性は本能的に思うものですが、女性は感情も絡み、性行為と聞くと「厭らしい」と感じ「淫らな行為、背徳的」と認識する人も多いものです。

 

しかし、性欲は食欲・睡眠欲に並ぶ人間の三大欲求の一つです。子孫繁栄の為にはとてつもなく大事な欲望の一つには違いありません。
女性側が「いけない事だ」と、その感情を自ら遮断しているという場合もあります。
そういった場合も、しっかりとした話し合いも必要不可欠です。

 

女性側が頑なになってしまっていれば手の施しようもありませんが、もしも「女性側が本当はしたいけど恥ずかしい」「女から求めるなんてふしだら」なんて考えを持っているだけでしたら未だ救いはあります。
そんな事は無い。としっかりと伝える事で性欲減退が解消される事だってあります。
これらの点を全て踏まえて考えると、やはり話し合いをする事や男性が自分本位にならず女性側を気遣う事が最も大切では? と解消方法が目に見えて来るのではないでしょうか。